ブログネタ
ゲームあれこれ に参加中!

KAZUYA の旋蹴り ( face forward towards opponent & stand 左パンチ + 左キック 1 ) の場合

投げ技を相打ちさせるため、次のコマンドを実行します。

face forward towards opponent & stand 前 (自キャラが1P側のとき) 左パンチ 1 ニュートラル 25 ニュートラル 3 (ガード硬直差を無くすため) 左パンチ + 左キック 1

リードジャブのガード硬直中に、投げ技を先行入力することで、投げ技が相打ちします。

KAZUYA(2P) が最初に投げ勝つとします。

Command Result
最初の相打ち KAZUYA(2P)が勝ちます。
2回目の相打ち ("最初の相打ち" から "2回目の相打ち" の間に、投げ技を出してはいけません。) KAZUYA(1P)が勝ちます。
3回目の相打ち ("2回目の相打ち" から "3回目の相打ち" の間に、投げ技を 1回 だけ、だしてください。) KAZUYA(1P)が勝ちます。
4回目の相打ち ("3回目の相打ち" から "4回目の相打ち" の間に、投げ技を 2回 だけ、だしてください。) KAZUYA(2P)が勝ちます。

したがって、投げ技を出すたびに、投げ勝つ player が入れ換わることがわかります。

Note

なお、この文章は、 Notational Convention (表記法) に依存しています。