FENGの撲面掌( face forward towards opponent & stand 後 (自キャラが1P側のとき) 左パンチ 1 )の場合

Command Result
face forward towards opponent & stand 後 (自キャラが1P側のとき) 左パンチ 1 START 1 声がきこえません。
face forward towards opponent & stand 後 (自キャラが1P側のとき) 左パンチ 1 ニュートラル 1 START 1 声がきこえます。
face forward towards opponent & stand 後 (自キャラが1P側のとき) 左パンチ 1 ニュートラル 7 START 1 ヒットエフェクトがでません。
face forward towards opponent & stand 後 (自キャラが1P側のとき) 左パンチ 1 ニュートラル 8 START 1 ヒットエフェクトがでます。

FENGの撲面掌は、声が1フレーム目で出て、発生フレーム数は 8 と考えたいと思います。 そこで、発生フレーム数の数え方は、コマンド完成したフレームを0と数える方法にします。 逆に、 同じフレーム内の処理順は、STARTが最優先 からFENGの撲面掌の発生フレーム数を 8 と数えるのは、このような数え方をしたときだけです。

Note

なお、この文章は、 Notational Convention (表記法) , 同じフレーム内の処理順は、STARTが最優先 に依存しています。